最大
比較 無料

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
17社

対物賠償保険について

自動車事故で、他人のものを壊したり、汚してしまうなどの損害を与えた場合には、法律上加害者は、損害賠償責任を負うというルールがあります。このとき、たいしたことのない損害であれば、自分で賠償することも可能です。

しかし場合によっては公共物を壊してしまったり、高級車に損害を与えてしまう場合も当然あり得ます。またその事故が関節的にでも営業の損害になる可能性も否定できません。例えば、タクシーやバスといった業務車との事故の場合は、休業補償の賠償金を支払うケースがあるでしょう。

こういったときに備えて加入するのが対物賠償というわけです。対人賠償が人に対する補償であるのに対して、対物賠償は物に対して補償するものになっています。

対人賠償と同様に、対物賠償も自分(被保険者)をカバーすることができません。被保険者やその家族、同居の親族のクルマや物の損害は賠償の対象外になりますので注意が必要です。そのため、車庫入れに失敗してバンパーがへこんでしまった、壁を削ってしまったという場合には保険金はおりません。

もしそのような保障も万全にしておきたいという場合には、車両保険の加入を検討するといいでしょう。より完璧な補償が見込めます。

比較・見積もり

あなたは今の料金・サービスに満足してますか?

もっと安くなります!見直しが必要です♪

無料

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。