最大
比較 無料

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
17社

補償水準について

加害者側が任意保険に加入していても、直ちに被害者が十分な補償を受けられるところまで担保しているわけではありません。なぜなら会社も営利企業なので、事実関係や過失割合などで自社に有利な主張をするのが普通であって、仮にそれらが全く妥当であったとしても、会社が独自に作成している業界補償基準は自賠責と同等、もしくは若干上積みする程度のものであるので、裁判で認められた補償基準などには及ばないのです。

貸与や盗難によって運行されたクルマによる被害でも、「管理者責任」「所有者責任」を問われる場合があるので要注意です。このような賠償に応じるのは困難なことが多いため、保険に加入しておくほうが安心でしょう。

補償水準について見てみましょう。支払限度額は、被害者の死亡および重度の後遺障害のとき、最高3,000万円、その他の傷害のとき、最高120万円となっています。

日本では主に外資系の会社を中心に、コマーシャルや新聞などマスメディアを使った広告で任意保険は展開されています。

ドライバーの年齢

性別

地域

車種

走行距離

運転免許証の色

などによって料金が異なります。

任意保険は万一のとき、被害者や遺族に対して、最低限の賠償金を確保するための制度です。

基本的な保険料率は、事故の有無によって1〜20等級に区分されています。最初に契約すると6等級からスタートする仕組みです。1年間を無事故のまま継続すると1等級上がり、料金が自動的に割り引かれます。逆に事故を起こすと3等級下がり、料金が割増となってしまいます。

比較・見積もり

あなたは今の料金・サービスに満足してますか?

もっと安くなります!見直しが必要です♪

無料

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。