最大
比較 無料

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
17社

無保険車傷害保険

任意保険加入はドライバーの常識、と思うかもしれませんが、現実はそうではありません。実は、任意の対人賠償への加入率は、公道を走るクルマ全体の約7割、任意の自動車共済を含めても約85%程度。つまり、10台のうち1.5台までが任意の対人保険に加入していない計算になります。この15%のクルマが死亡事故を起こしたら、自賠責の限度額である3120万円(死亡と死亡にいたる傷害までの保険金を合算した金額)までしか支払い能力がないということですから、怖いですよね。

「無保険車傷害保険」は、こういった無保険車と事故を起こした場合に備えるもののことをいいます。契約車に乗っている人が、他車との事故で死亡または後遺障害を被ったとき、相手に損害賠償を請求できるにもかかわらず、相手のクルマが対人賠償をつけていない「無保険車」のために十分な補償が受けられなければ、この保険から賠償金が支払われるという仕組みです。無保険車傷害保険の金額は自分の契約している対人保険と同じ金額ですが、無制限で加入している場合は2億円が上限です。

支払い対象となる「無保険車」とは次の4つの場合が考えられます。

・任意の対人がついてないクルマ

・対人はついているけれど、運転者の故意や泥棒運転、年齢条件や家族限定特約の条件に違反しているなどの理由で保険がおりない場合

・対人はついているけれど、その金額が被害者の損害額を下回る場合

・ひき逃げなどで加害者が特定できない場合

無保険車傷害保険は、SAPやPAPのほか、各社が出している完全補償タイプのセットを契約すれば自動的についてきますが、セットの種類によってその担保範囲が大きく異なります。まずPAPでは、被保険者やその家族が契約しているクルマに乗っている場合にのみ、支払いの対象です。これが車両保険つきのSAP以上のクラスになると、保険を契約したクルマに乗車中の事故をはじめ、他のクルマに乗っているときや歩行中、2輪車や自転車に乗車中の事故についても対象となるというわけです。

例えば、高速道路の路肩でパンクしたタイヤを交換しているときに無保険車にはねられたようなケースでしたら、PAPでは支払いの対象になりませんが、SAPなら該当します。また、子どもが通学中にひき逃げされて加害者が見つからないような場合でも、SAPなら保険金が支払われる仕組みです。実際に、SAPの無保険車傷害保険に救われた被害者は少なくないようです。

比較・見積もり

あなたは今の料金・サービスに満足してますか?

もっと安くなります!見直しが必要です♪

無料

矢印
▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ

証券・車検証・免許所をご用意して頂くと入力が10分程度で完了します。
非常にカンタンです。